テーラーまなべHPトップ画像
ホーム 当店について 一般紳士・婦人服 ダンス服 価格
当店のこだわり 賞暦 メディア紹介 作品紹介 マップ&アクセス
縫製画像縫製画像縫製画像縫製画像縫製画像縫製画像縫製画像
当店のこだわりポイント
イメージ画像 採寸&型紙づくり

採寸器マスタースケール 従来の採寸ですとメジャー採寸のヨコの寸法(バスト・ウエスト・ヒップ寸法)のみの型紙製作をしていました。

当店では特に体形の把握、採寸においてメジャー採寸プラス
店主 真鍋恵勇が考案製作の採寸器「マスタースケール」を使用しタテの寸法(半身体・屈伸体・下がり肩・イカリ肩)がワンタッチで何ミリまで正確に求められます。

これによりお客様の体型をきめ細かく把握し、一番大切なお客様の型紙づくりが
正確に採寸裁断出来ます。
型紙補正 お客様 お一人お一人の型紙づくりをしております。
これにより2着目以降のお客様の体型の変化に対応しております。
イメージ画像 生地の地づめ

生地の地のし 一枚の生地から洋服として完成するまでに、2〜3回の生地の「地づめ」をしています。仮縫い後、洋服を一度ほどいてパーツごとに地づめするほど大切な工程です。
これにより発汗やクリーニングの際、くるい(着くずれ・型くずれ)のない洋服になります。
地づめ…型くずれや寸法の狂いを防ぐため、水分と熱を生地に加え、地の目を縮ませて整える事。
生地の地のし
イメージ画像 仕立て

芯作り
芯 家で言えば、大事な土台にあたるのが洋服の「芯」。

およそ8割のテーラーが規制の芯を使っている中、当店は、
お客様の体型に合わせた芯を一点一点お作りしています。

芯には「バス毛芯」を肩と胸の部位に使用。
これにより、芯に張りを持たせ、洋服にきれいなシルエットを構築いたします。
バス毛芯…馬のシッポの毛を綿で手織りしたもので、軽く、良質な張りが有ります。

肩パッド
肩パッド製作 洋服の肩まわりを着心地よく、最大限きれいなラインに洋服を見せるために、仮縫い時にお客様の体型を把握し、お一人お一人に合わせたパッド作りをしています。
ホーム